セブ 観光 旅行 オプショナルツアーやダイビング、夜遊び、地図、気候、治安などを総合的にご紹介しております

オプショナル

お金は何を持ってゆくか?

2009年11月17日お金情報コメント&トラックバック(0)

まず、お金は日本円を持って行き、現地でペソに両替します。(たぶんペソの両替は日本では難しいです)そして、クレジットカードです。
先述の通りクレジットカードはどこでも使えます。(私はホテルの支払いはクレジットカード、その他は現金にしていました)
また、ホテルやオプショナルツアーではUSドルで払う場合がある。ドルを持っている人はドルで持っていったほうがおすすめ。持っていない場合はホテルなどではクレジットカードで払えば問題ないので、もっていく必要はないと思います。(カードがあることが前提です)
なお、トラベラーズチェックは非常につかいがってが悪いので使えません。
両替の金額ですが、物価の解説を設けましたので、参考にしてください。

なお、お金の保管方法や、クレジットカード詐欺については、こちらのセブ島滞在中の注意点をご覧ください。

 

物価について

セブ島の物価はどうなっているのでしょうか。
基本的には非常に安くなっています。セブ市で一般の方が利用するものや施設は非常に安くなっています。
ただし、ホテルや、マックなどのファーストフードなどはほぼ日本と同じです。
その他観光客が行く場所も大して安くはありません。
参考までに、、

なお、1ペソは2円~3円くらい
大卒初任給 P10,000
タバコ P30
ビール P20
タクシー初乗り P30
コーラ P20
などなど。。

セブ島基本情報

セブ島基本情報

セブ島のの基礎知識>>>

気候・お天気  | 治安と滞在中の注意事項  | お金情報

アクセス情報  | 交通情報  | 地図・所在地  | セブ島の歴史

セブ島観光情報

セブ島のホテル情報

マクタン島のホテル

セブシティのホテル

その他のエリアのホテル

セブ島宿泊情報

セブ島の観光情報

セブ島の観光地 スペイン統治時代の歴史ある建物などが見所

マクタン島の観光地 リゾートのほかには、ラプラプシティなども

セブ島のダイビング  | オプショナルツアー  | マリンスポーツ

セブ島レストランガイド

セブ島のグルメ・レストラン情報

マクタン島のレストラン

セブシティのレストラン

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0