セブ 観光 旅行 オプショナルツアーやダイビング、夜遊び、地図、気候、治安などを総合的にご紹介しております

治安と滞在中の注意事項

セブ島の治安と滞在の注意点

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

1

フィリピンの治安は非常に悪くて有名ですが、セブ島は同なのでしょうか。
※ミンダナオ島などは誘拐も頻発しており、大変危ない。
セブ島に限らず危険エリアであってもリゾートはある程度安全です。ただし、日本と比べると非常に危険です。殺人などの大きな事件で歯なくとも、詐欺や強盗、泥棒などは起こりえるということです。
ですから、十分に注意して節度ある行動をとることをおすすめいたします。

タクシーの利用

タクシーは基本的にはメーター制です。ですので、ぼったくられる可能性は低いです。
ただ、平気でタクシーメータを倒さずに発車したり、メーターでの乗車を拒む場合があります。拒む理由は帰り道でタクシーを拾えないような場所です。セブ島からマクタン島などがその例です。
ですので、その際は交渉などが必要となります。
詳しくは、『交通事情』の項をご覧ください。

 

クレジットカード

クレジットカードは為替レートも得ですし、非常に便利なアイテムです。
ただし、スキミングなどによる被害が発生しえるという点は注意しましょう。
なお、カード詐欺が発生した場合は、保証がきく場合があるので、発生後すぐにカード会社に届けるようにしましょう。
届けが遅れると保証されないケースもあります。

 

いかさま賭博に気をつけて!

a近年リゾートセブでもいかさま賭博によって日本人が大金やカードを巻き上げられています。フィリピンではカジノ等以外での賭博は違法であるため、被害を届けても被害者ではなく、犯罪者になってしまいます
英語や日本語でうまい具合に近寄ってきますので注意してください。
近寄ってくる人はまずは疑ってかかってもよいでしょう。セブの人すべてが悪い人というわけではないですが、逆を考えてください。
日本に来ている外国人に大きな理由も無く声をかけますか?ましてや相手は非常に貧しいのです。そのあたりを考えれば声をかける理由はわかってきます。
日本人は非常によい国民性でやさしいので、『声をかけられて無視をしたら失礼』とか、『せっかくの誘いを断ったら失礼』と思いがちですが、そんなことはありません。被害にあってからでは遅いので気をつけてください。

ホテルでのお金の保管

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

aホテルには金庫があることがほとんどですが、金庫のない場所もあります。また、金庫にいれておいたのに盗まれてしまったというケースすらあります。
かといって持ち歩くのも非常に危険です。
一定ランクのホテルであれば、ホテルのフロントに預けましょう。貴重品を預けることを心配に思う方もいますが、しっかりと封筒に封をして、封にサインをします(漢字がおすすめ)ので、勝手にあけられる心配は無いですし、問題があってもホテルが保証します。また、ホテルによっては、+客の2つのキーでないとあかない金庫などもあります。
ホテルに預ける際はあらかじめ条件や保証なども確認しておくとよいでしょう。

 

衛生・飲み水

b衛生状態はよいとはいえません。水は飲まないほうがいいでしょう。
また、うがいなどはミネラルウォータを使うのがおすすめです。一定ランク以上のホテルであればあらかじめ、水が備え付けられていますね。また、生野菜、生もの、氷などにも注意してください。
おなかを壊すだけでなく、生ものは肝炎(治るタイプの)にかかったりもします。
フィリピンの薬は成分が強く、副作用もありえますので、正露丸などを日本から持っていくことをおすすめします。

 

 

c日本では蚊に気をつける必要はありませんよね。さされても痒いだけですから。
しかし、ここセブでは、デング熱やマラリヤなどの危険があります。かかると大変つらく、最悪の場合死にます。これらの病気を媒介するのが、マラリヤの『ハマダラカ』デング熱の『ネッタイシマカ』です。これらは主に夜に活動します。
ですので、日本から虫除けを持ってゆきましょう。ジョンソンエンドジョンソンのディード5%のプッシュ式のものがおすすめ。
この有効成分ディードがさらに入ったものも売っていますが、お子さんには使わないほうが無難です。
自然のある場所に行く際は虫除けが必須ですし、夜の外出にもつけたほうがよいでしょう。なお、虫除けは『Insect repellent』(インセクトリペラント)ですので現地で探してみてはいかがでしょう。またホテルも場所によってはか取りマットの利用や、蚊取り線香の利用をしましょう。私はよく蚊取り線香の小さいのを持ってゆきます。

 

スリ・置き引き

スリや置き引きなどの軽犯罪は本当に多いです。
私から言わせていただきますと、置き引きに会う方は注意が足り無すぎるといわざるを得ません。ここは日本ではないことを注意してください。スリもかばんなどを開けておくのは注意しましょう。
また、周りを囲まれていて、落としたお金を拾ってあげたら物をすられたなどの被害もあります。
大金は持ち歩かず、十分に注意しましょう。

 

銃や麻薬

dセブ島では麻薬や銃が簡単に手に入ります。
逆にこういった犯罪を行った場合、最悪死刑になります。日本人で過去になった人もいます。
当然ですが軽い気持ちで手を出さないこと。取り返しがつかなくなります。

 

客引きや違法ガイド

客引きや観光ガイドには注意しましょう。
後になって法外な値段を言ってきたり、変なところへ連れて行かれたりします。
陽気でいい人そうに見えますが、注意してください。悪い人間ほど自分をよく見せようとするものです。

日差し

太陽は非常に強いです。
特に乾季の日差しは殺人的です。ですので女性の方は日焼け止めをしっかり塗ると共に、日焼けをしたい人でも、十分に注意してください。炎天下の中で、2時間もいれば強い日焼けを起こし、次の日は起きられないという人もいます。
日焼けをする方は日本の日焼けサロンで十分な下地つくりをしてきたほうがよいかもしれません。

 

女性旅行者へ

a女性の方の軽率な行動は取り返しのつかないことになります。十分に注意してください。
現地の男性に声をかけられても無視したほうがいいです。色黒でかっこよく見えますが、取り返しのつかないトラブルになってからでは遅いですよ。
また、夕方以降の外出は控えましょう。一人での外出などもってのほかです。日本と同じ感覚でいると大変です。
相手は銃を持っているケースもあります。十分に注意してください。

 

病気の場合は

病気の場合は自己負担となります。ですので現金一括払いです。
ですので、ゴールドクレジットカード(保険が含まれている)に加入したり、海外旅行保険(成田で入れます)に入っておくとよいでしょう。
なお、社会保険事務所に申請すると、なんと、7割戻ってくるとか。

セブ島病院情報
国番号+63(+は携帯の0長押し)頭の0をとってかけます。
Perpetual Succor
+63-32-233-8620
http://www.pshcebu.com/ 一番大きな病院。日本人向けでしょうか。

Cebu Doctors’ University Hospital
(032)-253-7511/2964
http://www.cduh.com.ph/

Mactan Doctors’s Hospital
(032)-340-3721/28
http://www.cebudocgroup.com/mactandoctors.html
外務省海外安全情報ホームページをチェックしよう
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=013
事件が起きた場合は、
☆外務省在セブ出張駐在官事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue,Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843
☆外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
☆在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館兼任)
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300,Philippines
電話: (63-2) 551-5710
FAX : (63-2) 551-5780

セブ島基本情報

セブ島基本情報

セブ島のの基礎知識>>>

気候・お天気  | 治安と滞在中の注意事項  | お金情報

アクセス情報  | 交通情報  | 地図・所在地  | セブ島の歴史

セブ島観光情報

セブ島のホテル情報

マクタン島のホテル

セブシティのホテル

その他のエリアのホテル

セブ島宿泊情報

セブ島の観光情報

セブ島の観光地 スペイン統治時代の歴史ある建物などが見所

マクタン島の観光地 リゾートのほかには、ラプラプシティなども

セブ島のダイビング  | オプショナルツアー  | マリンスポーツ

セブ島レストランガイド

セブ島のグルメ・レストラン情報

マクタン島のレストラン

セブシティのレストラン

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0