セブ 観光 旅行 オプショナルツアーやダイビング、夜遊び、地図、気候、治安などを総合的にご紹介しております

概要情報

セブ島ってどんな島?

ピックアップ,概要情報コメント&トラックバック(0)

1

セブ島はフィリピンの中部ヴィサヤ諸島の中ほどに位置する南北に細長い島です。
(南北225KM 面積4422平方KM)
セブ島の周囲を、、オランゴ島、パンタヤン島、マラバスカ島などの島々が囲んでいます。

また、セブ島は周りの島々と共にセブ州に属していて、州の人口は約340万人、そのうち72万人が、セブ州の州都セブシティ(フィリピンでマニラに次ぐ都市です)に住んでいます。

一般にセブ・リゾートというと、セブ島本島ではなく2本の橋(マクタン・マンダウエ橋とマルセロ・フェルナン橋)でつながれたお隣の『マクタン島』をさすのが通常です。
マクタン・セブ国際空港もセブ本島ではなく、マクタン島(ラブ市)にあります。
セブ市は最初にスペインによる植民地化が進んだ場所で、当時の名残が今に残っており、観光名所となっています。
また、昔ながらの市場、カルボン・マーケットや観光客向けの巨大ショッピングモールや、リゾートホテルが、セブ市やマクタン島に集中しています。マクタン島やオランゴ環礁(無人島)にはダイビングスポットも数多くありますので、ダイビングファンにもたまらない場所です。

さらに詳しい情報は下記『その2』へ続きます!!

セブ島ってどんな島

セブ島の時差、言語、ビザなど

ピックアップ,概要情報コメント&トラックバック(0)

1

セブ島基本情報

国名

フィリピン共和国 Republic of Philippines
首都はマニラ

面積

aセブ本島 南北225KM 面積4422平方KM
(セブ本島は非常に巨大だが、実際に観光客が訪れるセブシティとマクタン島はそんなに大きくない)

人口

340万人(うちセブシティは72万人)

宗教

国民の90%がキリスト教
(その90%がローマカトリック教徒)

民族構成

セブの住民はセブアノ
(ビサヤ人、スペイン人、中国人、ネグリト人の混血の子孫)
華人系、スペイン系などが分かれていて、若干の差別的な非明示的階層も存在するという

入出国とビザ

観光目的で21日以内の滞在はビザ不要
パスポートの残存期間は6ヶ月以上必要です
b

フライト

日本>>マニラ>>セブ のルートが一般的
直行便もあり、直行便は約4時間
詳細はこちらをご覧ください。

時差

時差は-1時間
つまり、日本が12時のとき、こちらは11時

言語

非常に多くの言語がある
公用語はフィリピン語(タガログ語)
ただし、日常的にはその土地の言葉を交わす。
また、英語も公用語で基本的には英語が通じる

衛生

水は飲まないこと。
歯磨きもミネラルウォーターが無難
生もの、生野菜、氷にも注意
また、蚊にも注意
詳細はこちらで>>

電圧

差込口は日本と同じだが、電圧が220Vなので注意。うっかり差し込むと壊れる。
※PCは220Vに対応しているものがほとんどなので使える場合が多い。アダプタを確認しよう。
変圧器はたいていのホテルで貸してくれます。

気候と服装

年間を通して、非常に暖かい。服装は日本の夏と同じ格好でOK
12月~5月ころが乾季
気候の詳細はこちらでご確認ください。

お金

通貨単位はペソ
1ペソ≒2.5円
為替の詳細はこちらへ

チップ

習慣はあるが、ホテルなどではしっかりサービス料が入っている。この場合は不要。
また、チップもそんなに厳格ではない。
よいサービスの対価と考えよう。渡しすぎにも注意。

詳しい情報は、左上のメニューよりご覧ください

セブ島ってどんな島-その2

概要情報コメント&トラックバック(0)

さて、セブ島旅行に行く前に、もう少し詳しくセブ島のことを理解しておきましょう。

やはり、海外旅行に行くときは、その旅行先のことを知っておくことで、より楽しい旅行になりますし、ホテル選びなど旅の基本プランにも影響しますよね。

 

まずご紹介いたしましたとおり、セブといいましても、われわれ日本人観光客がイメージするビーチリゾートはセブ島のお隣の、という島になり、ほとんどのリゾートがこちらに点在しているといってよいでしょう。事実8割のリゾートホテルがこのマクタン島にあるといわれています。

マクタン島はセブ島の東に位置していて、2つの橋でセブ島とつながっています。

マクタン島はフィリピン随一のリゾートアイランドで、ゲストハウスなどの安い宿から、高級ホテルまで30件以上がビーチのそばに点在しています。

空港もこのマクタン島にあります。

マクタン島の観光地はこちらをご覧ください。>>>

 

逆にセブ本島は商業の中心というべき町になります。しかし、こちらのセブ本島も歴史が古いだけあって多くの文化的な観光地がありますよ。

マクタン島から30分程度でセブ本島の中心地セブシティに行くことができます。しかし、大きな町ですから治安の面ではやはり注意が必要になりますので、気を抜き過ぎないように注意しましょう。

ただし、セブ本島は非常に大きく、日本人観光客が訪れる場所は非常に限定的です。

北部には、ソゴト や ボゴ という古い町があり観光地となっていますが、そのほかはセブ離島にリゾートが点在しています。

セブ東南部で言えば、南西部のモアルボアルの周辺がリゾート開発されており、30件程度のリゾートがあります。こちらはダイバーに人気のエリアで多くのダイビングスポットが点在しています。セブ島はダイビングでも非常に有名なエリアになります。

セブ島の観光地に関してはこちらをご覧ください>>>

 

 セブ島をどのように遊べばよいのか?

セブ島はすでにご紹介したとおり、一般的にはマクタン島のことをセブリゾートといいます。ですので、多くの日本の方はビーチリゾートを目指すでしょうから、このマクタン島のビーチリゾートに泊まるとよいと思います。

もちろん、それ以外にも隠れ家高級リゾートもありますので、そういったところをご利用されてもよいでしょう。

ですので、ホテルは一般的には、マクタン島のビーチリゾートの利用が一般的です。

さらに、セブシティの喧騒が好きな人はこちらにもホテルはあります。

 マクタン島のホテル情報はこちらから>>>

セブシティのホテル情報はこちらから>>>

その他のリゾートはこちら>>>

 

さて、次は観光面ですが、基本的にはビーチサイドのホテルを予約して そのエリアを楽しむということでよいでしょう。マクタン島にもいくつか観光地はありますが、やはり、マクタンはビーチリゾートという感じです。

セブ本島は文化的な観光地が多くあります。その昔マゼランが上陸したのがこのセブシティで、その後港町として発展しました。ですので、当時のスペイン様式の建築物などが多く残っています。

このようにセブ島では文化的な観光地めぐりが非常にたくさんあるといえます。

さらに、自然を楽しみたい方はダイビングなども非常にお勧めできます。セブ島は非常に有名なダイビングスポットでセブ島南西部の盛る簿ある周辺には多くのダイビングスポットがあります。さらに離島にも非常にすばらしいダイビングスポットがたくさんあるのです。

 

また、離島のボホール島は非常に自然が豊富で、世界最小のメガネザルなど珍しい動物もたくさんいます。自然が好きな方はボホール島観光もお勧めです。ボホール島へは高速船で約2時間で行くことができます。

 

なお、観光地めぐりは現地ツアーを利用するとよいでしょう。個人でタクシーなどをチャーターしてゆくこともできますが、やはり、ツアーを利用するのが効率的ですし、なにより、安全です。特に家族旅行などではお勧めです。

私も世界中をいろいろと旅していますが、こういったツアーは短時間で要所をめぐってくれますので、結果的に安くつきます。

 

 

セブ島基本情報

セブ島基本情報

セブ島のの基礎知識>>>

気候・お天気  | 治安と滞在中の注意事項  | お金情報

アクセス情報  | 交通情報  | 地図・所在地  | セブ島の歴史

セブ島観光情報

セブ島のホテル情報

マクタン島のホテル

セブシティのホテル

その他のエリアのホテル

セブ島宿泊情報

セブ島の観光情報

セブ島の観光地 スペイン統治時代の歴史ある建物などが見所

マクタン島の観光地 リゾートのほかには、ラプラプシティなども

セブ島のダイビング  | オプショナルツアー  | マリンスポーツ

セブ島レストランガイド

セブ島のグルメ・レストラン情報

マクタン島のレストラン

セブシティのレストラン

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0